Zoom

指輪台:

蛇を捕まえる雄牛の柘榴石彫刻

(石の面積16mm12mm)

金細工と宝石彫刻の芸術家、ルチャーノ マリオ ロッシは、イタリアコルトーナで父アマンドのもと彫刻の経験を積み、1978年にコルトーナからフィレンツェに移りました。

 家族の反対も受けましたが、彫刻の世界に没頭するため生物学専攻の大学を退学し、1980年には本格的に宝石彫刻を始めました。フィレンツェでの生活の中、フィレンツェの美術館の彫刻コレクションは彼の作品に多大な影響を与えました。

独学により、フィレンツェの美術館の作品を模倣し、その地道な努力の結果、洗練されて難しいと言われる古美術の解釈を達成しました

フィレンツェの重要人物を詐欺で告発した後、ルチャーノは19882月暴行を受け右目を失明しました。しかし、誰がこの暴行を指示したのか、誰一人明らかにしようとしませんでした

この悲しい経験は、彼を苦悩させました。これらの背景も踏まえ、作品を見ていただくことを希望しています。

ルチャーノの作品の内部には、時には深い悲しみ、そして世の中に散りばめられた偽善から自由になることも表現されています。